重症アトピーで4年前から通院していただている50代の男性から先日笑顔でこんな嬉しい御言葉をいただきました。

「アトピーで長年全身痒くて困っていた。なんでか分からないけど、日中ずっと眠くて、体がだるかった。」

「でもデュピクセントを打ち出してから、眠くないし体も元気になった」

きっと毎晩アトピーの激しいかゆみで体を引っ掻いたりして、眠りが浅かったんだろうと思います。

デュピルマブを扱っている皮膚科クリニックはまだまだ少ないですが、こんな患者さんを救うためにも、これからも千里中央花ふさ皮ふ科は頑張ります。

患者さんの皆様、いつも通院していただきありがとうございます。

そしてデュピクセントを取り扱うためには医療事務・看護師・看護助手との連携が不可欠です。

一緒に働いてくれているスタッフにも感謝です。

またデュピルマブを開発した製薬会社の方々にもこれまた感謝です。