千里中央駅より徒歩約5分の皮膚科・アレルギー科・小児皮膚科・形成外科【千里中央花ふさ皮ふ科】。小さなお子様からあらゆる年齢の方に幅広く対応いたします。皮膚の腫れ、痛み、痒み、ニキビ、皮膚科一般、アトピー性皮膚炎、炭酸ガスレーザー、紫外線治療

とびひを治療するなら

とびひ(伝染性膿痂疹;でんせんせいのうかしん)

伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)は別名とびひとも言われます。
夏に多い、細菌による皮膚の感染症です。細菌が皮膚の傷にくっつき、毒素を産生することで皮膚の細胞をくっつけている接着剤のようなものを溶かし、水ぶくれやびらんなどの症状がでます。とびひと言う名前の通り、自分の体の他の場所や、他人に伝染します。 症状としては、皮膚の水ぶくれ、ジュクジュク、カサブタ、他の場所に広がる、かゆみがでる、などがみられます。細菌は、主に黄色ブドウ球菌と溶連菌で、子供の鼻の中、爪の下にいることが多いので、鼻をほじくった指で触れた場所や、かぜをひいて垂れた鼻水がくっついた皮膚のキズを触った手で他の場所を引っ掻くことで、体の色々なところへうつり、皮膚がジュクジュクした状態になります。皮膚のキズとして主なものは、虫刺され、あせも、アトピー性皮膚炎、乾燥性湿疹の患部、スリ傷などです。

治療は抗生物質の飲み薬での治療が中心となります。抗生物質の飲み薬・塗り薬、痒み止めの飲み薬・塗り薬を用い、体の外側と内側の両方から治療を行ないます。中には MRSA など抗生剤が効きにくい薬剤耐性菌があり、薬を使っても悪化してしまうことがあり、そのため数日後に受診してきていただき、効果の判定をします。効果がなければ薬を切り換えます。どのような細菌なのか、どのような薬が効くのかを知るために、細菌の培養と薬剤の感受性検査をすることがあります。抗生剤が合えば、5日程度で治ります。薬剤耐性菌であればなかなか効かずに2、3回抗生剤を変えてやっと治る場合もあり長引きます。
治療の基本は、患部の洗浄し清潔に保つことです。まず爪を切りましょう。石けんとシャワー浴で清潔にすることで、菌を激減させることができます。その後、抗生剤の軟膏を塗布します。絆創膏では患部が蒸れてしまうこともあるので、ガーゼで覆いましょう。

兄弟姉妹は一緒にお風呂に入るとうつる可能性があります。別々にお風呂に入ってください。傷には細菌がいますので傷を触ったら石鹸で手を洗ってください。3~4日で患部が乾き軽快してきます。患部が乾くまではプールは他の人にうつるため禁止になります。乾いたら入ることができます。通園、通学は基本的に問題ありませんが、学校に行くときには患部をガーゼで覆って他の子供にうつさないように感染予防してください。また集団感染の可能性もあるため、担任の先生に確認をしてください。

クリニック情報

診療時間

診療時間
 9:00~12:00
15:00~18:00

★…土曜日は完全オンライン予約制(直接窓口に来られても受付できません)

休診日水曜午後、土曜日午後、日曜、祝日

インターネット順番予約午前 9:15~11:30・土曜日 7:00~11:30
午後 15:15~17:30

診療体制

 
午前診 院長
中林
女性医師
院長
中林
女性医師
女性医師
女性医師
院長
中林
女性医師
院長
中林
女性医師
院長(月2回程度休診)
中林
男性医師/女性医師
詳しくはこちら≫
午後診 院長
中林
女性医師(16:00~)
院長
中林
院長
中林
院長
中林
女性医師

混雑状況

 
午前診 ★★★★
午後診 ★★ ★★★ ★★★ ★★

…比較的空いている
★★…比較的混んでいる
★★★…混んでいる
★★★★…非常に混んでいる

※平日の午前は、2診制のため比較的空いています。
※火曜、木曜の午後は院長診のみのため混雑が予想されます。

アクセス・地図

〒560-0085
大阪府豊中市上新田2丁目24番50の1

上新田メディカルブリッジ3F

北大阪急行線・大阪モノレール「千里中央」駅より 徒歩約5分

写真付きの道順案内はこちら >>

お気軽にお問い合わせください

TEL:06-6872-1200

クリニックモールに駐車場10台分(軽専用1台・小型車専用1台含む)を完備しています
※満車の場合は近隣のコインパーキングをご利用ください

上新田メディカルブリッジ

PAGETOP
Copyright © 2019 千里中央花ふさ皮ふ科 All Rights Reserved.