先週末は土曜午前診が終わった後に飛行機で東京に向かい、アトピー性皮膚炎の新規注射薬「デュピクセント」の発売記念講演会に参加いたしました。

デュピクセントは副作用がほとんど無い薬ですが、それでも起きる可能性のある副作用の話や、寛解後の注射期間などの話が大変勉強になりました!

デュピクセントは新規の生物学的製剤の注射薬であるため、アトピー性皮膚炎の治療に精通した医師のみが投与可能であり、投与できる施設は限られているのですが、当院は投与可能の施設要件を満たしております。

重症のアトピー性皮膚炎でお困りの方は一度ご相談ください。

 

翌日日曜日は、朝一の飛行機で大阪に戻り、午前中は子供の父親参観に出席し、その後は大阪国際会議場で行われていた抗加齢医学会総会に参加しました。

このアンチエイジング弁当を食べて私が若返ったかどうかは不明で、さすがに土日の講演会、学会のハシゴは疲れましたが、抗加齢医学専門医としては、

当院でもシミ・シワなどに対して既に導入しているトレチノインやハイドロキノンだけでなく、患者さんからお問い合わせの多い、レーザー治療も早急に検討すべきと思い帰宅しました。