千里中央駅より徒歩約5分の皮膚科・アレルギー科・小児皮膚科・形成外科【千里中央花ふさ皮ふ科】。小さなお子様からあらゆる年齢の方に幅広く対応いたします。皮膚の腫れ、痛み、痒み、ニキビ、皮膚科一般、アトピー性皮膚炎、炭酸ガスレーザー、紫外線治療

アトピー性皮膚炎を治療するなら

アトピー性皮膚炎とは

生後2~3か月頃から顔に始まり、徐々に肘・ひざの内側、体に治りにくいかゆい湿疹ができて、慢性に続きます。
アトピー性皮膚炎は、原因は解明されていませんが、遺伝的な体質(バリア機能の低下、アレルギー体質)と、環境要因(乾燥、引っ掻くなど)の2つが合わさることで発症します。

アトピーと医療脱毛についてはこちら

アトピー性皮膚炎の診断基準

1)痒み
2)特徴的な左右対称性の湿疹病変(乳児なら顔、小児なら関節、成人なら上半身)
3)繰り返す経過(乳児なら2ヶ月以上、その他では6ヶ月以上)

治療法

アトピー性皮膚炎はかゆみや湿疹をまず抑える事が重要です。ステロイド外用と保湿剤が基本となります。補助的にかゆみ止め(抗アレルギー剤)を飲みます。処方された薬をしっかり塗り、ただしスキンケアを心掛け、定期的に通院しましょう。
また最近、プロアクティブ療法という治療法が注目されています。
免疫抑制剤の塗り薬(タクロリムス軟膏)や飲み薬(シクロスポリン)を使って治療することもあります。
※当院では、ステロイドを全く使わない治療、いわゆる脱ステロイド療法は行っておりません。

注意点

スキンケア

お風呂の温度はぬるめにし、石けんは控えめにし、体は低刺激の石けんをしっかり泡立てて、手でやさしく洗いましょう。肌の乾燥はアトピー性皮膚炎を悪化させます。塗り薬は毎日2回塗りましょう。爪を切り清潔にして、引っ掻かないようにしましょう。髪は束ねるなどして顔に触れないようにしましょう。汗をかいたら放置せず、濡れたやわらかいタオルで拭くかシャワーで洗い流しましょう。

環境

こまめな部屋の換気と掃除機がけをこころがけ、ダニやホコリに注意しましょう。湿度は50~60%が理想です。

ストレス

睡眠不足や過度な飲酒などのストレスはアトピー性皮膚炎に影響を与えます。自分に合ったストレス解消法を見つけましょう。上記の3つの注意点のうち、まずはできることから始めましょう。

クリニック情報

診療時間

診療時間
 9:00~12:00
15:00~18:00

★…土曜日は完全オンライン予約制(直接窓口に来られても受付できません)

休診日水曜午後、土曜日午後、日曜、祝日

インターネット順番予約午前 9:15~11:30・土曜日 7:00~11:30
午後 15:15~17:30

診療体制

混雑状況

 
午前診 ★★★★
午後診 ★★ ★★★ ★★★ ★★

…比較的空いている
★★…比較的混んでいる
★★★…混んでいる
★★★★…非常に混んでいる

※平日の午前は、2診制のため比較的空いています。
※火曜、木曜の午後は院長診のみのため混雑が予想されます。

アクセス・地図

〒560-0085
大阪府豊中市上新田2丁目24番50の1

上新田メディカルブリッジ3F

北大阪急行線・大阪モノレール「千里中央」駅より 徒歩約5分

写真付きの道順案内はこちら >>

お気軽にお問い合わせください

TEL:06-6872-1200

クリニックモールに駐車場10台分(軽専用1台・小型車専用1台含む)を完備しています
※満車の場合は近隣のコインパーキングをご利用ください

上新田メディカルブリッジ

PAGETOP
Copyright © 2019 千里中央花ふさ皮ふ科 All Rights Reserved.