千里中央駅より徒歩約5分の皮膚科・アレルギー科・小児皮膚科・形成外科【千里中央花ふさ皮ふ科】。小さなお子様からあらゆる年齢の方に幅広く対応いたします。皮膚の腫れ、痛み、痒み、ニキビ、皮膚科一般、アトピー性皮膚炎、炭酸ガスレーザー、紫外線治療

乾癬を治療するなら

乾癬(かんせん)

遺伝や食生活などの要因が組み合わさって中高年に起きる炎症性角化症に分類される病気です。「かんせん」という病気ですが、他の人に感染(かんせん)することはありません。西洋人に多い病気でしたが、生活様式の欧米化に伴って、日本人でも発症が増えてきています。
皮膚は通常、1ヶ月でターンオーバー(新しい皮膚に置き換わる)しますが、この病気では健康な皮膚と比べて10倍以上のスピードで生まれ変わるため、ターンオーバーがわずか数日になっています。そのため、皮膚が赤く盛り上がり、表面にフケのようなものが出来て、ポロポロとはがれ落ちます。全身のどこにでもできますが、特に擦れる場所(頭部、ひじ、ひざ、腰まわりなど)にできます。また爪にも症状が見られることがあります。良くなったり悪くなったりを繰り返す経過が長い病気です。皮膚症状だけのものを尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん)と呼ぶ一方、関節の痛みを伴う乾癬があり、これは関節症性乾癬と呼ばれ、より強力な治療が必要です。

私は東京医科歯科大学勤務時には乾癬専門外来を担当し、軽症から重症まで様々な乾癬の患者さんの診療を行っていましたが、乾癬はまずステロイド、ビタミンD3の塗り薬で治療します。塗り薬で良くならない場合は、ビタミンAの飲み薬、シクロスポリンという免疫抑制剤、オテズラという免疫調整薬を使用することもあります。かゆみには抗アレルギー剤を内服します。週一度以上程度の通院が可能なら、当院にも導入している紫外線照射(エキシマレーザ)による治療も効果的です。また関節症状があったり、皮疹が重症の場合は、高額ではありますが、生物学的製剤の注射薬による治療のために大学病院、総合病院へご紹介します。乾癬の領域は、皮膚科の病気の中でも特に治療の進歩が目覚ましい分野の一つです。

乾癬の患者さんの日常生活の注意点としては下記のことが挙げられます。

①洋服は、ゆったりしたもので下着は綿のものにしましょう

②風邪や虫歯などが悪化因子になることがあるので気をつけましょう

③適度な運動をこころがけましょう

④野菜や魚などを多くとって、バランスの良い食事をしましょう

⑤からい食事、お酒、タバコは控えましょう

⑥入浴時は手や綿のタオルでやさしく洗いましょう

⑦かゆいときは、引っ掻いたりせず、保冷剤や塗らしたタオルで冷やしましょう

⑧はがれおちる皮膚を無理矢理こすらないようにしましょう

クリニック情報

診療時間

診療時間
 9:00~12:00
15:00~19:00
~18:00

~18:00

★…土曜は12:30まで

休診日水曜午後、土曜日午後、日曜、祝日

インターネット順番予約午前9:15~11:30(土曜は~12:00)
月曜午後・金曜午後15:15~18:30
火曜午後・木曜午後15:15~17:30

診療体制

 
午前診 院長/
中林
院長/
中林
院長/
女性医師
院長/
中林/
女性医師
院長/
中林
院長/男性医師/
※女性医師
(第1,2土曜は3診制)/
中林(手術のみ)
午後診 院長/
中林/
女性医師(16:00~)
院長/
中林
院長/
中林
院長/
中林/
女性医師

※…第1、2土曜のみ

混雑状況


 
午前診 ★★ ★★ ★★ ★★★
午後診 ★★ ★★

★★★…非常に混雑しています
★★…混雑しています
…比較的空いています

※混雑状況はあくまでも目安です。当日の状況によって待ち時間が変わることもあります。
※連休前後は非常に混雑する場合があります。

アクセス・地図

〒560-0085
大阪府豊中市上新田2丁目24番50の1

上新田メディカルブリッジ2F

北大阪急行線・大阪モノレール「千里中央」駅より 徒歩約5分

写真付きの道順案内はこちら >>

お気軽にお問い合わせください

TEL:06-6872-1200

クリニックモールに駐車場10台分(軽専用1台・小型車専用1台含む)を完備しています
※満車の場合は近隣のコインパーキングをご利用ください

PAGETOP
Copyright © 2019 千里中央花ふさ皮ふ科 All Rights Reserved.