千里中央駅より徒歩約5分の皮膚科・アレルギー科・小児皮膚科・形成外科【千里中央花ふさ皮ふ科】。小さなお子様からあらゆる年齢の方に幅広く対応いたします。皮膚の腫れ、痛み、痒み、ニキビ、皮膚科一般、アトピー性皮膚炎、炭酸ガスレーザー、紫外線治療

たこ・魚の目を治療するなら

たこ・魚の目

ペンだこのように物が当たり続けると角質が肥厚し、たこ(胼胝;べんち)やウオノメ(鶏眼;けいがん)ができます。たこは外側に角質が肥厚するためあまり痛くありませんが、魚の目は肥厚した角質の中心が真皮へ食い込むので痛みます。

原因

高齢の方

若い頃は筋肉も分厚いし脂肪も分厚いのでクッションの代わりをしますが、年齢を重ねていくと次第に筋肉や脂肪が薄くなって、骨にあたりやすくなるために、たこやウオノメができやすくなります。また外反母趾や内反母趾があったり、膝や腰が悪いと歩き方のバランスが悪くなるためにできやすくなります。

若い女性の場合

ハイヒールを履いたりすると、荷重が足の前方の方に集中しますので、そのあたりにたこやウオノメができやすくなります。荷重の集中のために、足の骨の変形が起こり、外反母趾や内反小趾などを起こし、これらの変形によってもさらにたこやウオノメができるようになります。ハイヒールなどはおしゃれの時だけとし、普段は健康靴として、スニーカーやウォーキングシューズとしましょう。

スポーツをする方

スポーツ自体の圧力が原因でたこやウオノメができてきます。靴ひもをしっかりと閉めて固定しましょう。

日常の注意点

圧迫だけでなく、ずれる力でもたこや魚の目ができますので、紐靴を履いて足首のところでしっかりと紐を閉めて、足首で靴と足を固定することが重要です。ひもがゆるいと前後に連れてずれる力が発生します。これでたこや魚の目ができることもあり得ます。

治療法について

痛みを感じそうになったら受診してください。少しずつ、カミソリなどで魚の目を削っていく治療を行います。芯まで削った場合でも、靴の履き替えやインソールの変更などの根本的な解決をしないと再発してしますので、注意しましょう。再発予防のため、硬くなってしまった皮膚を柔らかくするサリチル酸ワセリン軟膏やスピール膏を処方します。サリチル酸ワセリンは1日1−2回(入浴後すぐとできれば朝も)塗ってください。スピール膏は、患部の大きさより一回り小さめに切って患部に2,3日貼りっぱなしにしてください。また、ずれてしまうことが多いので、絆創膏などで固定してください。

クリニック情報

診療時間

診療時間
 9:00~12:00
15:00~18:00

★…土曜日は完全オンライン予約制(直接窓口に来られても受付できません)

休診日水曜午後、土曜日午後、日曜、祝日

インターネット順番予約午前 9:15~11:30・土曜日 7:00~11:30
午後 15:15~17:30

診療体制

混雑状況

 
午前診 ★★★★
午後診 ★★ ★★★ ★★★ ★★

…比較的空いている
★★…比較的混んでいる
★★★…混んでいる
★★★★…非常に混んでいる

※平日の午前は、2診制のため比較的空いています。
※火曜、木曜の午後は院長診のみのため混雑が予想されます。

アクセス・地図

〒560-0085
大阪府豊中市上新田2丁目24番50の1

上新田メディカルブリッジ3F

北大阪急行線・大阪モノレール「千里中央」駅より 徒歩約5分

写真付きの道順案内はこちら >>

お気軽にお問い合わせください

TEL:06-6872-1200

クリニックモールに駐車場10台分(軽専用1台・小型車専用1台含む)を完備しています
※満車の場合は近隣のコインパーキングをご利用ください

上新田メディカルブリッジ

PAGETOP
Copyright © 2019 千里中央花ふさ皮ふ科 All Rights Reserved.