千里中央駅より徒歩約5分の皮膚科・アレルギー科・小児皮膚科・形成外科【千里中央花ふさ皮ふ科】。小さなお子様からあらゆる年齢の方に幅広く対応いたします。皮膚の腫れ、痛み、痒み、ニキビ、皮膚科一般、アトピー性皮膚炎、炭酸ガスレーザー、紫外線治療

掌蹠膿疱症を治療するなら

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)とは

掌蹠膿疱症両手の平や両足の裏に、膿疱(黄色いウミを含んだブツブツ)がでてくる病気です。膿疱と一緒に赤い斑点がでてきたり、皮が剥けてきたりもします。
原因は不明ですが、扁桃炎、虫歯などの病巣感染(慢性の感染症)や歯科金属アレルギーが関与していることもあります。
胸肋鎖関節痛といって、胸骨の辺りに痛みがあったり、他の関節に関節痛があることもあります。
喫煙者に多いことも掌蹠膿疱症の特徴です。

治療法

ステロイドの塗り薬、ビタミンD3の塗り薬を塗ります。
それでもよくならなければ、エキシマレーザーによる週に一度の紫外線療法を加えたり、ビタミンA誘導体の飲み薬を飲むこともあります。
他には歯科金属アレルギーが疑われる場合には、歯科金属を除去したり、虫歯や扁桃炎などを治療することでよくなることもあります。
ビオチン(ビタミンB7)欠乏が疑われる場合には、ビオチン補充療法を併用することもあります。
関節痛は鎮痛剤でコントロールします。

生活上の注意点

喫煙者に掌蹠膿疱症が多いというデータがあります。禁煙しても全ての人が掌蹠膿疱症が改善するわけではないですが、この病気をきっかけに禁煙することをおすすめします。多くの人は平均3-7年で改善すると言われています。焦らずにしっかりと治療しましょう。膿疱(ウミ)の中に細菌はいないので、他の人にこの病気がうつることはありません。

クリニック情報

診療時間

診療時間
 9:00~12:00
15:00~18:00

★…土曜日は完全オンライン予約制(直接窓口に来られても受付できません)

休診日水曜午後、土曜日午後、日曜、祝日

インターネット順番予約午前 9:15~11:30・土曜日 7:00~11:30
午後 15:15~17:30

診療体制

混雑状況

 
午前診 ★★★★
午後診 ★★ ★★★ ★★★ ★★

…比較的空いている
★★…比較的混んでいる
★★★…混んでいる
★★★★…非常に混んでいる

※平日の午前は、2診制のため比較的空いています。
※火曜、木曜の午後は院長診のみのため混雑が予想されます。

アクセス・地図

〒560-0085
大阪府豊中市上新田2丁目24番50の1

上新田メディカルブリッジ3F

北大阪急行線・大阪モノレール「千里中央」駅より 徒歩約5分

写真付きの道順案内はこちら >>

お気軽にお問い合わせください

TEL:06-6872-1200

クリニックモールに駐車場10台分(軽専用1台・小型車専用1台含む)を完備しています
※満車の場合は近隣のコインパーキングをご利用ください

上新田メディカルブリッジ

PAGETOP
Copyright © 2019 千里中央花ふさ皮ふ科 All Rights Reserved.